頭皮 むける

頭皮の皮がむけるのは、頭皮環境が悪化しているサインです

頭皮の皮がむける

 

 

お風呂で頭をちゃんと洗っているのに、なぜか頭皮がむける・・・

 

 

こんな経験をする人は、少なくありません。

 

 

白い皮がポロポロむけると、清潔にしているはずなので「まだ足りない?」とどこまできれいにすればいいか分からなくなってしまいますよね。

 

 

フケみたいに不潔に見るのがイヤだからと、キレイに洗えば洗うほど逆に大量にでる始末。

 

 

あなたも何をどうしたらいいか悩んでいるんじゃないですか?

 

 

毎日頭を洗っているにもかかわらず頭皮の皮がむけるときは、頭皮環境に問題があります。

 

 

決してあなたが不潔しているからという事ではないので安心してください。

 

 

この記事では、頭皮の皮がむける原因と対策について分かりやすく解説しているので、あなたの努力を無駄にすることがなくなります。

 

 

頭皮の皮むけが解消されて地肌がきれいになれた人は、毎日のヘアアレンジもおしゃれに楽しくできますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭皮の皮がむける原因

 

頭皮の皮がむける原因

 

 

いくらきれいにしても頭皮がむけてしまう・・・、これは頭皮環境が悪化してしているサインでもあります。

 

 

あなたの頭皮から緊急のサインとして出ているのは炎症が原因です。

 

 

 

頭皮がむける原因:炎症

 

頭皮が炎症するとかゆみや赤みなどの症状が出ることがありますが、頭皮がむける状態も炎症が原因です。

 

頭皮は髪に守られているのでダメージを受けにくいと思うかもしれませんが、髪に守られていないといけないくらいデリケートなモノなんです。

 

 

そして頭皮にダメージを与えるものは日常生活でもたくさんあります。

 

 

【頭皮にダメージを与える要因】
シャンプー、シャンプーの仕方、紫外線、日焼けなど

 

 

 

シャンプー

 

市販のシャンプーは刺激が強く頭皮にはダメージとなります。

 

 

でも「普段から使ってて、違和感はないんだけど・・」と思うんじゃないでしょうか?

 

 

確かに、シャンプーをしてヒリヒリしたり、かゆくてたまらないというときには、違うシャンプーに替えると思うんですね。

 

 

でも、そういった強い刺激を感じなくても、シャンプーの後に「スッキリ感」「サッパリ感」のような爽快感を感じませんか?

 

 

実はその状態がすでに頭皮にとってはダメージなんですね。

 

 

さっきも言ったように頭皮は守られていないといけないくらいデリケートなもの。

 

 

なので、普段から頭皮は「皮脂」で守られているんです。

 

 

でも、洗浄力の強いシャンプーでは、頭皮を守るための皮脂まで洗い流してしまうんですね。

 

 

頭皮がむき出しになるとスッキリした感じがしてしまうんです。

 

 

守るものがない頭皮は外部からダメージで傷つき炎症してしまうんです。

 

 

 

シャンプーによる頭皮がむける原因

 

 

 

 

シャンプーの仕方

 

 

また、シャンプーの仕方もゴシゴシ洗いになっていないでしょうか?

 

 

頭皮は指の腹でマッサージするように、もみながら洗う必要があります。

 

 

ただし、この時に指先の腹でもむのは好ましくありません。

 

爪を立てて洗ってはいけないというのは聞いたことがあると思いますが、指先の腹で洗うと爪が頭皮に当たる場合があります。

 

 

そのため、頭皮はかならず指全体の腹でもむことを意識してください。

 

 

そうすると力も分散され頭皮への負担が減ります。

 

 

 

 

紫外線、日焼け

 

暑い夏のシーズンは日傘や帽子で紫外線対策をする人は多いですが、紫外線は1年中降り注いでいます。

 

 

紫外線は7〜8月にピークとなるのに間違いはありませんが、4〜6月、9〜10月も強く降り注いでいます。

 

 

頭皮がむけやすい人は、夏以外でも外出時には帽子をかぶるなどの予防をしたいですね。

 

 

 

 

 

 

頭皮がむけるのとフケの違いは何?

 

頭皮がむけるのとフケは見た目は同じように見えますが、まったくの別物です。

 

 

頭皮がむけるのは、炎症が原因
フケが出るのは、乾燥が原因

 

 

洗浄力の強いシャンプーで頭皮を洗うと、必要な皮脂まで取り除かれてしまい頭皮は乾燥します。

 

 

頭皮は傷ついていないけれど、乾燥している状態。

 

 

例えば、冬に肌が白くなることがありますよね?

 

 

これも同じように乾燥が原因です。

 

 

かゆみを伴いますし、かくと白い粉(皮膚)が出て、取れますよね。

 

 

同じことが頭皮でも起こっていて、頭をかくとフケのようにボロボロ落ちてきます。

 

 

このような場合は頭皮がむけているのではなく、フケとなります。

 

 

 

 

 

 

 

頭皮がむけるのをそのまま放置するとどうなる?

 

頭皮の皮がむけるのを放置するとどうなる

 

 

頭皮がむける状態は頭皮が傷ついて炎症を起こしている状態ですから、そのままの放置は危険です。

 

 

炎症がひどくなり頭皮のただれてしまったり、髪を維持することが難しくなり抜け毛の原因にもなってしまいます。

 

 

ですから、必ず適切な処置が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

頭皮がむけるときにできる対策

 

頭皮の皮がむける対策

 

 

頭皮がむけるときにできる対策は次の通りです。

 

 

対策1:シャンプーを見直す

 

今使っているシャンプーが低刺激であれば問題ありませんが、強い洗浄成分を含む場合はシャンプーを見直す必要があります。

 

 

ただ、アミノ酸シャンプーを使っているから大丈夫!という簡単なものではないのがシャンプー業界なんですね。

 

 

というのも、アミノ酸シャンプーは法律的に成分名や配合量が決められているわけじゃないんです。

 

 

定義はあいまいで、ほんの少しだけアミノ酸成分を配合していても「アミノ酸シャンプー」として販売できるのが現状なんです。

 

 

なので、かならず成分を見て使用することが大事。

 

 

もちろん成分を確認して、問題なければそのまま使っても大丈夫ですので、次の表から成分を確認してみてください。

 

 

洗浄成分 成分名 使用
アミノ酸系
  • ココイルグルタミン酸TEA

  • ココイルアラニンTEA

  • ラウラミノプロピオン酸Na など
石油系(硫酸系)
  • ラウリル硫酸Na

  • ラウレス硫酸Na

  • パレス硫酸Na など
×
スルホン酸系(オレフィン系)
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸 など
×
石けん系
  • カリ石ケン素地

  • ラウレス-3酢酸Na など
×

 

 

 

 

 

この中でシャンプーの成分表にアミノ酸系の洗浄成分が配合されていれば使用して大丈夫です。

 

 

 

石油系・スルホン酸系・石けん系のいずれかの成分が入っている場合は、頭皮への刺激が強くダメージとなるのでシャンプーを切り替えた方がいいでしょう。

 

 

 

詳しいシャンプーの選び方の記事はこちら⇒

 

 

 

 

 

対策2:シャンプーのやり方を見直す

 

アミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドなので、市販のシャンプーを使っていたなら物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

しかし、シャンプーのやり方を見直せば洗浄力の弱さは十分にカバーできます。

 

 

 

シャンプー前のブラッシング

 

シャンプー前にブラッシングをしておくだけで、汚れやほこり、髪の絡みが取れます。

 

 

強い洗浄成分が不要になるのは下準備が大事です。

 

 

 

予洗いに時間をかける

 

シャンプー前の予洗いは髪と頭皮を濡らすものだと思っていませんか?

 

 

予洗いはブラッシングで落とし切れなかった汚れを落とすことと、毛穴のつまりや汚れを浮かせる意味があります。

 

 

ぬるめのお湯をかけながらマッサージすることで汚れを浮かせられるので、しっかり時間をかけて行いましょう。

 

 

※ちなみに、熱すぎるお湯は頭皮の刺激となります。36〜38℃のぬるめのお湯で洗うようにしてください。

 

 

頭皮の皮がむけるときのシャワーの温度

 

 

 

 

シャンプーは泡立ててマッサージをしながら

 

 

シャンプーの原液をそのまま頭皮につけると刺激となってしまいます。

 

 

しっかり手のひらで泡立ててから頭皮に載せます。

 

 

指全体の腹でもむようにマッサージし汚れを取り除くことと、頭皮をやわらかくすることで栄養が行き届くようにします。

 

 

 

 

すすぎは予洗いの倍の時間をかける

 

すすぎは超大事です。

 

 

泡が見えなくなったら終了ではありません。

 

 

シャンプーが頭皮に残っていると、刺激となり頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

 

しっかりと頭皮のすすぎのこしがないように、予洗いの倍の時間をかけてしっかりすすぎます。

 

 

 

 

対策3:頭皮を保湿する

 

頭皮を刺激から守るには保湿がかかせません。

 

 

お風呂上りにお顔のお手入れで保湿は十分にしていることだと思いますが、頭皮はそのままになっていませんか?

 

 

頭皮も顔と同じ肌の一部です。

 

 

頭皮ケアには頭皮用の美容液を使って保湿することが大事です。

 

 

 


頭皮環境を改善するシャンプー


トラブルを抱えた頭皮の環境を改善するには、次の3つのシャンプーがおすすめです。


ランキング3位Raburo(ラブロ)

 


ラブロ


ラブロは頭皮の悩みを持っていた美容師が自身の体験を元に開発したシャンプー。


配合している成分は赤ちゃんにも使えるほど安心の天然由来成分を配合。

  • 硫酸系界面活性剤100%不使用
  • 肌と同じ成分の洗浄剤を配合
  • 水から金属成分を取り除いた精製水を使用
  • 12種類の天然植物抽出エキスで頭皮に栄養を与える

で頭皮をケアします。



【Raburo(ラブロ)の特徴】
  • 定期価格:シャンプー&コンディショナーセットで3,980円
  • 送料:無料
  • 定期縛り:なし(1回で解約OK)
  • 15日間の返金保証付き
  • ※毎月100名限定
※通常購入の場合:シャンプーのみで3,980円+送料600円


敏感肌の方に使って欲しいRaburo(ラブロ)のお申し込みはこちら⇒





ランキング1位すこやか地肌

 

すこやか地肌


すこやか地肌は自然由来の成分配合で、


  • アミノ酸系シャンプーで不要な皮脂だけ落とし切る
  • 整肌成分で頭皮トラブルを抑える
  • 頭皮に適切な潤いを与えて守る


というトリプルケアで、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを解消できるシャンプーです。


【すこやか地肌の特徴】
  • 定期価格:2,980円
  • 全国送料:無料
  • 定期縛り:なし(1回で解約OK)
  • 45日間の返金保証付き
※通常購入の場合:3,980円+送料600円

すこやか地肌シャンプーの詳しい記事はこちら⇒


すこやか地肌シャンプーのお申し込みはこちら



ランキング2位ドットエヌ

 


ドットエヌ


ドットエヌは毛髪診断士監修の頭皮に優しいシャンプー。

ヘアサロンでも使われていて、ドットエヌのシャンプーに切り替えてからスタッフの手荒れが無くなったほどの低刺激成分を配合。


日本各地の有機栽培された自然由来の成分を使用し、シリコンや合成防腐剤を使用していないので低刺激でも頭皮をしっかりケアできます。


【ドットエヌの特徴】
  • 初回36%OFFの3,600円
  • 2回目以降14%OFFの4,816円
  • 送料:無料
  • 定期縛り:なし(1回で解約OK)
  • 30日間の返金保証付き
※通常購入の場合:5,600円+送料600円


頭皮のかゆみでお悩みの方へ【ドットエヌ】のお申し込みはこちら⇒



※全て税抜き表示