頭皮 むける かゆい

頭皮がかゆいときは、、、ガマンが大事

頭皮がむけてかゆい

 

頭がかゆいとついポリポリかいてしまいませんか?

 

 

普通の状態でも頭がかゆいのは平常ではありませんが、頭皮がむけるときは余計に注意が必要です。

 

 

 

 

というのも、頭皮がむけている状態は頭皮が炎症しているからです。

 

 

2〜3日お風呂に入らなかったり、頭皮が乾燥している時にでるフケは頭皮を清潔にして潤いを与えればよくなります。

 

 

 

 

しかし、頭皮がむけているときは炎症を抑えないと、ずっとフケのように出てきてしまいます。

 

 

そこで頭皮がむけてかゆいときの対策をまとめましたので参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

頭皮がむける上にかゆい時はかいてもいい?

 

頭皮がかゆい時はかいてはだめ

 

 

頭皮がむけてかゆいときには、、、

 

 

 

そりゃ、「かいちゃダメ」ですよね。

 

 

 

 

さっきも書いたように、頭皮がむけるのは炎症を起こしているからです。

 

 

炎症していると言われたってよく見えないし、かゆいったらありゃしないのもよく分かります。

 

 

(かいてるときって気持ちいいんですけどねー)

 

 

 

 

 

でも、炎症を起こして傷んでいる頭皮を爪で掻きむしったら・・・・・、想像するだけでも怖くないですか?

 

 

 

炎症を起こしている頭皮は、とになく鎮めることが大事。

 

 

 

ただ、頭皮の炎症といっても乾燥や過剰な皮脂の分泌などさまざまなのが、原因を特定し辛くしているめんどうなこと。

 

 

 

 

  • 頭皮の表面がカサカサしていたら、乾燥が原因
  • 頭皮がベタベタしていたら、皮脂の過剰分泌が原因

 

 

 

と基本的には考えても大丈夫です。

 

 

 

 

ただ、元をたどれば頭皮の乾燥にたどり着くことがほとんどです。

 

 

 

「ベタつくのが乾燥?」

 

 

 

と府に落ちないかもしれませんが、インナードライって聞いたことありませんか?

 

 

 

 

インナードライ肌とは

 

インナードライ肌というのは、肌の表面は脂性肌のようにベタベタしているけど、その肌の奥は乾燥しきっている状態。

 

肌の内部が乾燥しているので、皮膚を乾燥から守るために皮脂を過剰に分泌するんですね。

 

 

 

顔のお手入れなんかで聞いたことがあると思いますが、実は頭皮も顔も同じ皮膚なので、乾燥がべたつきをよんでしまっているんですね。

 

 

私がまさしくコレでした。

 

 

 

シャンプーですっきりした頭皮は乾燥して傷つきやすい状態、その上で乾燥をふせぐために皮脂で守ろうとするのでベタベタしてしまう・・・

 

 

 

このときにしないといけないのは、べたつきを抑えようとする(皮脂を落とし切る)ことじゃなくて、適切な量の皮脂を残してやることなんですね。

 

 

 

 

 

皮脂の過剰分泌が続くと、皮脂が毛穴につまって化膿したり、抜け毛につながったりといいことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮がかゆくてむけるときの対処法

 

頭皮がむけてかゆいときの対処法

 

 

頭皮がかゆくてたまらない、皮がむけて困るというときは、シャンプーを見直してみてください。

 

 

 

今って市販のシャンプーを使っていたりしませんか?

 

 

 

 

頭皮が健康的な状態なら市販のシャンプーでもいいんですけど、頭皮が炎症を起こしている時はちょっと強すぎるんです。

 

 

 

なので、頭皮が落ち着くまででいいので、低刺激のシャンプーをつかって落ち着かせてみてください。

 

 

 

 

 

私は某せっけん系のシャンプーを使っていましたが、それでも刺激は強かったんですね。

 

(石けん系のシャンプーって頭皮に優しいイメージありません?私だけかな?)

 

 

 

 

アミノ酸系のシャンプーにしたところ、まずかゆみが治まってきて、気づいたら皮がむけなくなっていました。

 

 

なので、アミノ酸シャンプーは超おすすめです。

 

 

 

ただ、アミノ酸シャンプーといっても刺激の強い成分がはいっていることがあるので、頭皮に優しいアミノ酸シャンプーの選び方を参考にしてみてください。

 

 

 

それでも、頭皮のかゆみが治まらないときは、頭皮専用の美容液をつかってあげると乾燥状態が和らぎます。